名品コレクション展示室

第1展示室


武家のシンボル
-武具・刀剣-

大名道具は、公的な場で用いられる「表道具(おもてどうぐ)」と、私的な場で用いられる「奥道具(おくどうぐ)」に二分されます。
武具は、武家にとって表道具の中でも最も重要な道具でした。
なかでも刀剣は「武士の魂」と言われるとおり、精神の象徴として貴重視され、諸道具の中でも最も高い格式が与えられていました。
また大名家では毎年正月11日、書院に甲冑(かっちゅう)を飾り、旗や幟(のぼり)を立てて祝うことが年中行事として行われていました。