特別展・企画展

企画展 美しきかな

“かな”は、漢字を省略化・簡略化して生み出され、展開した我国独自の文字です。『源氏物語』の「梅枝」には、「万事が昔に比べて劣ってきて浅薄になっていく末世ではあるが、“かな”だけは素晴らしく発展した」と語られているように、11世紀初頭頃には、各文字を連続させて書く連綿体を用いながら、墨の線状の美しさを充分に発揮させ、流麗で表情豊かな書芸の世界を完成させました。

主な展示品

この企画展の見どころ

古筆三色紙《継色紙》《升色紙》《寸松庵色紙》を同時公開します。また、「関戸本古今和歌集切」「高野切古今和歌集切」など、“かな”の黄金期を迎えた11世紀から、「藍紙本万葉集切」「石山切」「大色紙」「今城切古今和歌集」をはじめとする個性的かつ重厚な書風があらわれる11世紀末期から12世紀の作品を中心に、14世紀前半までの“かな”に表現された、多様なスタイルと典雅な美意識、そしてその変遷をたどります。

概要

会期
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日<但し、1月9日(月)は開館、翌10日(火)は休館>
観覧料

一般 1,200円・高大生 700円・小中生 500円
※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※毎週土曜日は小・中・高生入館無料

主催 徳川美術館・名古屋市蓬左文庫・中日新聞社
協力 中部日本書道会・名古屋市交通局
展覧会図録 『美しきかな』1,000円(税込) 【完売しました】
記念講演会

■特別講演会「かな古筆を学ぶ」
中部日本書道会 顧問・書道草心会 総務理事 倉重拝石氏
2017年1月21日(土) 午後1時30分~3時(開場1時)
徳川美術館 講堂 ※入館者聴講自由

関連企画

ギャラリー・トーク
担当学芸員が展示解説します。
1月9日(月・祝) 11時~
1月20日(金) 13時~
※入館者参加自由

資料 企画展チラシ(PDF:2.2 MB)[更新日: 新しいウインドウで PDF を開きます
展示作品リスト(PDF:575.4 KB)[更新日: 新しいウインドウで PDF を開きます