最新情報

装飾経《緊急公開》のお知らせ

「化城喩品」と「法師功徳品」―徳川家の最後の輝き―

 三代将軍徳川家光(大猷院殿 1604~51)の十七回忌の追善供養のために写された経典「紺紙金字法華経(大猷院殿十七回忌追善一品経)」33巻のうち、所在不明で幻と言われていた「化城喩品(けじょうゆほん)」と「法師功徳品(ほっしくどくほん)」の2巻(個人蔵)が、このたび徳川美術館に寄託されました。
 只今開催中の「金と銀の国 ジパング」展で展示中の国宝「平家納経(へいけのうきょう)」をはじめとする平安時代の荘厳経にも匹敵する贅を尽くした遺品で、徳川家の威信をかけた豪華絢爛な装飾経です。このたびの発見にあわせ、緊急初公開します。ぜひ、国宝「平家納経」とあわせてご覧ください。
期間:平成29年5月28日(日)まで
会場:徳川美術館 本館 第7展示室