平成16年11月13日(土)〜12月19日(日)大名庭園 −江戸のワンダーランド−
平成16年11月13日(土)〜12月19日(日)大名庭園 −江戸のワンダーランド−
江戸時代の大名は、数千坪から数万坪という広大な庭園を所有していました。これらの大名庭園の多くは、大きな池を海にたとえて中心にすえ、その周りに山・谷・平野を表現して、池の周りを散策出来るように整備された泉回遊式(ちせんかいゆうしき)と呼ばれる庭でした。この広大な庭園は、将軍や諸大名を迎えての「儀礼」と「社交」の場として用いられました。そのための様々な趣向が加えられており、大名庭園は一種のワンダーランドでした。
コレクションハイライト
中御座之間北御庭惣絵図
中御座之間北御庭惣絵図
戸山御庭ノ図
戸山御庭ノ図
戸山荘 琥珀橋
戸山荘 琥珀橋
戸山荘八景図巻 狩野惟信筆
戸山荘八景図巻
狩野惟信筆
楽々園四季真景図 宋紫岡筆
楽々園四季真景図
宋紫岡筆
山水花鳥文染付八角鉢
山水花鳥文染付八角鉢
企画展解説へ→作品リストへ→   
会期 平成16年11月13日(土)〜12月19日(日)
開館時間 午前10時〜午後5時(入館は午後4時半まで)
休館日 月曜日 
観覧料
(徳川美術館・蓬左文庫)
一般 1,200円・高大生 700円・小中生 500円
(20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引)
展覧会図録 1,500円
主催 徳川美術館、名古屋市蓬左文庫、中日新聞社、NHK名古屋放送局
協力 東海旅客鉄道株式会社、名古屋鉄道株式会社、名古屋市交通局

閉じる