平成17年1月4日(火)〜1月30日(日)古今和歌集 −やまとうたは人の心をたねとして−
平成17年1月4日(火)〜1月30日(日)古今和歌集 −やまとうたは人の心をたねとして−
三十一文字という限られた字数の中に表現された和歌(やまとうた)は、ながらく日本人の心を表現する詩歌として謳い継がれてきました。平成17年は、その原点とも言える最初の勅撰集『古今和歌集』が成立してから1100年目にあたります。当時の和歌の集大成である『古今和歌集』は、後世の絵画や書、工芸品の意匠などにも取り上げられてきました。日本人の心のふるさととも言うべき『古今和歌集』の世界を見つめていきます。
コレクションハイライト
継色紙 伝小野道風筆
継色紙
伝小野道風筆
関戸本古今和歌集切 伝藤原行成筆
関戸本古今和歌集切
伝藤原行成筆
高野切 古今和歌集
高野切 古今和歌集
伝紀貫之筆
古今和歌集(伊達家本)
古今和歌集(伊達家本)
藤原定家筆
石山切 貫之集下
石山切 貫之集下
藤原定信筆
重之集
重之集
伝藤原行成筆
企画展解説へ→作品リストへ→   
会期 平成17年1月4日(火)〜1月30日(日)
開館時間 午前10時〜午後5時(入館は午後4時半まで)
休館日 月曜日<但し、1月10日(月)は開館、翌11日(火)は休館>
観覧料
(徳川美術館・蓬左文庫)
一般 1,200円・高大生 700円・小中生 500円
(20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引)
主催 徳川美術館、日本経済新聞社
協力 名古屋市交通局

閉じる