イベント

「源氏物語の世界」特別対談 国宝 源氏物語絵巻の修理を通してみえてきたもの

徳川美術館所蔵の「国宝 源氏物語絵巻」は、国庫補助金による修理が行われています。絵15場面は平成27年に修復が完了。詞書の修復はこれまでに8段分が終了し、現在も引き続き高度な修復技術による修理が進められています。
今回の対談では、「国宝 鳥獣人物戯画」(京都・高山寺蔵)や「春日権現験記絵」(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)の修復にも携わり、「国宝 源氏物語絵巻」の修復も担当されている大山昭子氏に、修理に携わる者にしかわかり得ない「国宝 源氏物語絵巻」の魅力や秘話を、学芸部長の四辻秀紀がお聴きします。

時間
午後1時30分~3時 (午後1時開場)
場所
徳川美術館 講堂
料金
定員150名・入館者聴講自由(入館料別途要)

岡墨光堂修復部長・国宝修理装潢(そうこう)師
大山昭子氏
×
徳川美術館 学芸部長
四辻秀紀