黒塗紺糸威具足<br /><small>明珍宗貞作</small>

黒塗紺糸威具足
明珍宗貞作
くろぬりこんいとおどしぐそく

元治元年(1864)に禁門の変を起こした長州藩に制裁を加えるため、幕府は15万の兵を動員して第一次長州征伐を命じた。この甲冑はこの時、征長(せいちょう)総督に任命された尾張徳川家14代慶勝が用いた一領である。
江戸末期に活躍した尾張の甲冑師・明珍宗貞(みょうちんむねさだ)によって嘉永2年(1849)に製作された。

名品コレクション展示室にもどる

【江戸時代 嘉永2年 <1849>】