白鳩・龍図軍扇

白鳩・龍図軍扇 しろはと・りゅうずぐんせん

陣中で用いる扇である。一般的には金銀あるいは紅白の日の丸の付いた軍扇が多い。本品は、表裏ともに金銀の摺箔(すりはく)が全面に施され、団扇形の内に表は彩色の白鳩、裏には水墨の龍が描かれている。徳川義直(尾張家初代)所用。

名品コレクション展示室にもどる

【江戸時代 17世紀】