短刀 無銘 正宗<br />名物 庖丁正宗

国宝

短刀 無銘 正宗
名物 庖丁正宗
たんとう むめい まさむね めいぶつ ほうちょうまさむね

「駿府御分物御道具帳(すんぷおわけものおどうぐちょう)」に記載は無いが、水戸家本「駿府御分物刀剣元帳」に、尾張家に譲られた家康遺品として記されている。同帳に「ほりぬき正宗」と記されている通り、剣を透かし彫りにし、鍬形(くわがた)を陰彫りとした極めて珍しい彫刻が施されている。本作の鍛えは板目がつみ、地沸(じにえ)が厚く、刃文は湾(のた)れにやや大振りの耳形乱れが交じる。「庖丁正宗」と称される名物短刀は三振現存するが、中でも本作は大模様であり、姿もよく地・刃ともに優れて健全である。

【鎌倉時代 14世紀】