刀 無銘 正宗

重要文化財

刀 無銘 正宗 かたな むめい まさむね

尾張徳川家3代綱誠(つななり)の十二男・通顕(みちあき/尾張徳川家6代継友(つぐとも))が、5代五郎太の急逝により家督を相続すると同時に、7代将軍家継より一字を拝領して、従三位中将に叙任された正徳3年(1713)12月15日に拝領した刀である。この時、継友は家継へ「高木貞宗(たかぎさだむね)の太刀」と銀五百枚・時服三十領を献上し、家継からはこの刀が下賜された。

名品コレクション展示室にもどる

【鎌倉時代 14世紀】