古今和歌集切<br /><small>伝伏見天皇筆</small>

古今和歌集切
伝伏見天皇筆
こきんわかしゅうぎれ

金銀の切箔(きりはく)によって加飾された料紙に『古今和歌集』巻第十七所収の和歌一首を散らし書きにしている。当初は何首かの和歌を撰び染筆された巻子装の調度手本であったと考えられるが、後世その中の一首のみを掛軸装に改めたとみられる。おおらかな筆づかいにより書写され、筆者は伏見天皇と伝えられているが確証はない。

名品コレクション展示室にもどる

【鎌倉時代 13-14世紀】