唐物茶壺 銘 雄嶋<br /><small>名物</small>

唐物茶壺 銘 雄嶋
名物
からものちゃつぼ めい おじま

鉄分の多い土を使って輪積み成形し、胴下部まで鉄釉を掛けた中国・南方系窯製の実用運搬壺である。肩上部には手捻(てびね)りの耳が横向きに4つ付く。この耳を使って壺の口に紐を掛けて封印した。中には薄茶用の碾茶(てんちゃ)(石臼でひく前の乾燥茶葉片)をまず入れ、次に袋に入れた濃茶用の極上の碾茶を入れ、また薄茶用の碾茶を入れることで、防湿剤・緩衝剤とした。最後は口を和紙の蓋で覆い、紙縒(こより)で結ぶ。茶壺は14世紀以降16世紀末期までは賞玩の対象として高い価値を認められていた。なお、本品の銘「雄嶋」は、宮城県松島湾内の島で、歌枕の一つである。

【中国・南宋~元時代 13-14世紀】