古天明釜 銘 梶<br /><small>名物</small>

古天明釜 銘 梶
名物
こてんみょうがま めい かじ

古天明釜とは、下野国(しもつけのくに)安蘇郡(あそぐん)天明(現・栃木県佐野市天明町)で製作された釜のうち、桃山時代以前の釜をいい、荒々しくも素朴な肌を特徴とする。高い甑口(こしきぐち)の丸釜で、一見したところ無文に見えるが、かすかな樹木とみられる地文がある。銘は、鐶(かん)付(つき)が舟の舵(かじ)を思わせることに因むと思われる。家康から尾張徳川家初代義直へと伝えられる前は古田織部が所持していた。

【室町時代 15世紀】