青磁下蕪形花生

青磁下蕪形花生 せいじしもかぶらはないけ

中国・龍泉窯(りゅうせんよう)で作られた明るい青緑色の青磁、いわゆる「砧(きぬた)青磁」で、全体が細かな貫入(かんにゅう)に覆われている。下蕪(しもかぶら)形とは、ふっくらと張った胴が器の下部についた形の花生に対して与えられた呼称である。尾張徳川家では杓立(しゃくたて)として使用された。

【中国・南宋時代 13世紀】