井戸茶碗

井戸茶碗 いどちゃわん

井戸茶碗は形姿から大井戸・小井戸・青井戸・井戸脇等に分類される。本品は、やや開き気味の小振りの椀形で、高台は低く井戸茶碗に顕著な梅花皮(かいらぎ)も控えめなため、尾張徳川家では井戸脇に分類されてきた。しかし、見込の渦形の切落し、大小4個の目跡、高台脇の削り取りの箆目(へらめ)など、大井戸に分類しても差し支えない。細かな貫入をともなった枇杷色の肌が見どころとなっている。

名品コレクション展示室にもどる

【朝鮮王朝時代 16世紀】