梅花天目

梅花天目 ばいかてんもく

見込に梅花文があらわされているため「梅花天目」称されているが、箱書に「曜陽盞(ようようさん)御天目」とあり、尾張徳川家の蔵帳でも「曜陽盞」と記されている。黒色に発色する鉄釉を掛け、梅花形の型を置いた上にさらに黄色に発色する鉄釉を掛け、型を外して焼成した。

【中国・南宋時代 12-13世紀】