紅安南草花文茶碗

紅安南草花文茶碗 べにあんなんそうかもんちゃわん

胴部は数段に分けられ、草花文や小さな点を基調とした花のような文様がリズミカルに配されており、発色も鮮やかで愛らしい。見込中央に「寿」の文字が書かれている。
安南とは、現在のベトナム北部を指し、特にこの地域で焼かれた朱・緑・藍などを用いた色絵を「紅安南」と呼ぶ。紅安南の茶碗は本品を含めて3口ほどしか知られていない上、その内の一点は、将軍家の御物であり、当時の権力者が所持するような希少性の高い品であったことがうかがえる。ベトナムでの出土例がなく、極めて珍しく貴重な品である。

【ベトナム 16世紀 重要美術品】