祥瑞阿古陀形薄茶器

祥瑞阿古陀形薄茶器 しょんずいあこだなりうすちゃき

日本の茶人の注文により、中国・明時代末期の崇禎(すうてい)年間(1628~44)のころ、景徳鎮(けいとくちん)の民窯(みんよう)で焼かれた青色の発色の鮮やかな染付茶器を祥瑞と呼ぶ。本品は口の立上がりは雷文繋(らいもんつなぎ)で、胴を8区分した阿古陀(あこだ)形とし、それぞれに菊・宝・山水・幾何文などの文様が描かれている。阿古陀とは南瓜(かぼちゃ)に類する阿古陀瓜の姿を指す。
徳川斉朝(尾張家10代)所用。

【中国・明時代 17世紀】