油滴天目(星建盞)

油滴天目(星建盞) ゆてきてんもく(ほしけんさん)

建盞とは、中国・福建省(ふっけんしょう)の建窯(けんよう)で作られた天目形の茶碗を指す。高台は小さく、釉の掛からない露胎で、胎土は灰黒色を呈し、作行きは緻密である。
本品の釉面には、大小さまざまの不整形な油滴状の斑が入り組み、流下している。尾張徳川家では、江戸時代よりこの種の油滴天目を「星建盞」と呼んでいる。釉面に現れた油滴斑を、夜空に輝く星に見立てたのだろう。
高台内に記された「三上」の朱漆文字は、千利休の筆と伝えられている。

【中国・南宋時代 12-13世紀】