志野刷毛目茶碗

志野刷毛目茶碗 しのはけめちゃわん

織部と並んで近世初頭の美濃焼を代表する志野は、白色の長石釉(ちょうせきゆう)を掛けたやきもので、鬼板(おにいた)と呼ばれる褐鉄鉱(かってっこう)を原料とする呈色剤(ていしょくざい)による絵付が特徴である。刷毛目の茶碗といえば高麗茶碗が有名であるが、本品は鬼板で刷毛目を表し、その上に長石釉を掛け、胴がややくびれた器形で、手取りもどっしりとした豪快な作品である。高台には指で押さえて形作られた素朴さが見られる。

【岡谷家寄贈 桃山~江戸時代 16-17世紀】