青磁香炉 銘 白菊

青磁香炉 銘 白菊 せいじこうろ めい しらぎく

本品の底部には唐草文の脚が三つ付いているが、高台が高いため、三つ脚が浮き上がっている。この種の香炉を一般に千鳥形と呼んでいる。本品は、千鳥形の本歌とされる「青磁香炉 銘 千鳥」(徳川美術館蔵)よりも釉調(ゆうちよう)に均整がとれ、発色も粉青(ふんせい)色(青緑色)に近い。木地の蓋表に胡粉仕上げで白菊が表されており、銘の由来となっている。

【中国・南宋時代 13世紀】