堆朱椿文香合

堆朱椿文香合 ついしゅつばきもんこうごう

三具足(みつぐそく)の香炉に用いる香を入れておく盒子(ごうす)である。堆朱とは、漆を何層も塗り重ねてから文様を彫りあらわす「彫漆(ちょうしつ)」の一種で、最表層に赤色があらわれるように彫り出す技法である。室町時代以降、飾り道具や贈答品として重宝された。

【中国・明時代 15-16世紀】