萌黄地水仙牡丹の丸・花熨斗文金襴長絹

萌黄地水仙牡丹の丸・花熨斗文金襴長絹 もえぎじすいせんぼたんのまる・はなのしもんきんらんちょうけん

長絹は絹の単(ひとえ)(絽か紗)で前身と後身に分かれ広袖(ひろそで)が付く。胸と背と両袖の前後に金銀糸や色糸で大きな文様をおく場合が多い。男性貴族の有職(ゆうそく)装束を能に導入した衣裳で、多くは優雅な舞を舞う女性の表着(うわぎ)として用いられる。また修羅能(しゅらのう)における公達(きんだち)の鎧姿としても用いられる。牡丹を囲むようにして水仙の花を丸文にあらわし、その下に水引で束ねられた椿や梅、菊などの折枝を配している。「熨斗」は祝儀やめでたい折の贈物の添え物であり、「花熨斗」には、草花の持つ生命力を贈るという意味もあったと思われる。

名品コレクション展示室にもどる

【江戸時代 18世紀】