能装束<br />萌黄地紗綾形に輪花文金襴袷法被

能装束
萌黄地紗綾形に輪花文金襴袷法被
もえぎじさやがたにりんかもんきんらんあわせはっぴ

狩衣と同じように身頃(みごろ)が離れているが、裾を共裂(ともぎれ)の襴(らん)でつないである点が特徴である。絽(ろ)や紗(しゃ)で織られた単(ひとえ)と裏地の付いた袷(あわせ)があるが、本品は袷で、華やかな文様が織り出されている。袷は鬼畜・怨霊などの強い役や、武将の役などに用いられる。
卍字(まんじじ)を斜めに繋いだ紗綾形を地文とし、三つ巴文や輪花文を配しており、力強さが演出されている。

名品コレクション展示室にもどる

【江戸時代 18世紀】