萌黄地亀甲に桐文金襴袷狩衣

萌黄地亀甲に桐文金襴袷狩衣 もえぎじきっこうにきろもんきんらんあわせかりぎぬ

狩衣は盤領(まるえり)・広袖(ひろそで)の装束で、前後の身頃が離れており、前身はたくし上げて腰帯で結び着附けられる。裏地のある袷(あわせ)の狩衣は、幾何学的な文様を織り出した金襴・緞子(どんす)などが用いられ、大臣・神体・天狗・鬼などの威厳ある強い役に、裏地のない単(ひとえ)の狩衣は金銀糸で文様を織り出した絽(ろ)・紗(しゃ)などで仕立てられ、神主や老神などの役に使用される。
本品は金襴を用いた袷の狩衣で、亀甲文に桐の折枝を配し、格調高い雰囲気をただよわせている。

名品コレクション展示室にもどる

【江戸時代 18世紀】