紺・茶・花色段小紋掛素袍

紺・茶・花色段小紋掛素袍 こん・ちゃ・はないろだんこもんかけすおう

素袍は裏なしの麻の単(ひとえ)で、上衣(うわぎ)と袴(はかま)からなる。特に、袴の中に入れず、袴の上に出して着る上着を掛素袍という。本品は、上から、紺地稲穂に蜻蛉(かげろう)文・茶地花繋(はなつなぎ)文・花色地酸漿(ほおずき)文・花色地流水文、と小紋を連続させており、緻密な文様の細やかな変化を楽しむことができる。

名品コレクション展示室にもどる

【江戸時代 18世紀】