紅地柳に蹴鞠文唐織

紅地柳に蹴鞠文唐織 べにじやなぎにけまりもんからおり

唐織は、能装束を代表する最も絢爛豪華な装束で、主として女役の表着(うわぎ)として使用される。紅色の入った種類を紅入(いろいり)といって若い女の役に、紅色の加えない種類を紅無(いろなし)といい、中年以上の女性の役柄に用いられる。金箔糸で枝垂柳(しだれやなぎ)の折枝を織り出し、白練糸(しろねりいと)の一色で鞠を表した、単純で明快な唐織である。

名品コレクション展示室にもどる

【江戸時代 19世紀】