紅地二重菱に籬菊の丸文唐織

紅地二重菱に籬菊の丸文唐織 べにじふたえびしにまがききくのまるもんからおり

唐織は、能装束を代表する最も絢爛豪華な装束で、主として女役の表着(うわぎ)として使用される。若い女役に用いられる紅色の入った「紅入(いろいり)」と、中年以上の役柄に用いられる紅色のない「紅無(いろなし)」の区別がある。
丸い窓に色とりどりの籬に菊の文様が表され、華麗さと品格を持ち合わせた品である。

名品コレクション展示室にもどる

【江戸時代 18世紀】