能面 黒髭

能面 黒髭 のうめん くろひげ

「竹生島(ちくぶじま)」や「春日龍神」などの龍神に用いられる面で、下顎(したあご)が突き出ているところが特徴で、これにより龍体を表現している。龍神の扮装(ふんそう)は、この面に、赤頭(あかがしら)と龍戴(りゅうたい)を付け、法被(はっぴ)・半切(はんぎり)を着用する。

【江戸時代 18世紀】