能面 邯鄲男

能面 邯鄲男 のうめん かんたんおとこ

 人生に思い悩む盧生(ろせい)という青年が、一炊の夢のうちに無常を悟る能曲「邯鄲」の専用面であるが、「高砂(たかさご)」「弓八幡(ゆみやわた)」「養老(ようろう)」などに登場する若い神の役柄にも用いられる。

【江戸時代 18世紀】