能面 般若

能面 般若 のうめん はんにゃ

女性の嫉妬の悲しみと怒りの極限を表現した面である。室町中期の面打師、般若坊(はんにゃぼう)の創作による名称ともいう。「葵上(あおいのうえ)」の六条御息所(どくじょうのみやすどころ)の怨霊や、「道成寺(どうじょうじ)」の後シテである蛇体など、女性が姿を変えた鬼神の役に用いられる。

【江戸時代 18世紀】