紅・浅葱段入子菱に牡丹蝶文唐織

紅・浅葱段入子菱に牡丹蝶文唐織 べに・あさぎだんいりこびしにぼたんちょうもんからおり

 唐織は、能装束を代表する最も絢爛豪華な装束で、主に女性役の表着(うわぎ)に使用される。一見すると刺繡のように見えるが、多色づかいの織物である。紅色の入ったものを紅入(いろいり)と呼んで若い女役に用い、紅色を加えないものを紅無(いろなし)と呼んで中年以上の役柄に用いる。本品は若い女役に用いる紅入の唐織で、蝶や牡丹の花や葉が異なる色であらわされた、華やかな一領である。

【江戸時代 17世紀】