赤地亀甲に鳳凰の丸文厚板唐織

赤地亀甲に鳳凰の丸文厚板唐織 あかじきっこうにほうおうのまるもんあついたからおり

厚板の地に、唐織様の模様を浮き織りにした装束である。厚地の織物である厚板と、華やかな唐織との中間的な性格をもっている。唐織と厚板の両様の使い方がされ、武将や公達(きんだち)に用いることが多い。丸文は、古代から好まれてきたが、江戸時代には特に流行し、陶磁器や漆器にも用いられた。本品は、吉祥のモチーフである鳳凰を丸文にして散らしている。

【江戸時代 17世紀】