花色地紋尽縫箔

花色地紋尽縫箔 はないろじもんづくしぬいはく

紺地や黒地に様々な丸紋を配した紋尽縫箔は、鬼女に必ず用いる。なぜ丸紋尽しが鬼女と結び付いたかは不明である。また、神性をおびた童子にも用いることもある。「葵上(あおいのうえ)」には通常、黒や紺地の紋尽縫箔を用いる。

【江戸時代 17世紀】