イベント

「殿さまが好んだヨーロッパ―異国へのまなざし―」展 関連企画 秋期講座「工芸をめぐる近世ヨーロッパとアジアの交流」

徳川美術館では、9月20日(日)から11月3日(火・祝)まで、秋季特別展「殿さまが好んだヨーロッパ―異国へのまなざし―」を開催いたします。展覧会会期中、皆さまに展覧会をより深く鑑賞していただくために、秋期講座を開講いたします。ぜひ、ご参加ください。

時間
各日 午後1時30分~2時45分、午後3時~4時15分
場所
徳川美術館講堂
料金
5,400円 (入館料含む) ※賛助会•友の会・大学メンバーシップの会員は3,000円

第1講:9月26日(土) 午後1時30分~2時45分
祇園祭を飾るインド絨毯―江戸時代の日本とイスラーム染織品―
鎌田 由美子氏(慶應義塾大学経済学部准教授)
―――――――――――――――
第2講:9月26日(土) 午後3時~4時15分
中国・日本磁器からセーヴル、マイセンへ
長久 智子(徳川美術館学芸部マネージャー)
―――――――――――――――
第3講:9月27日(日) 午後1時30分~2時45分
彦根藩主が蒐集した更紗に見る東西交流
小山 弓弦葉氏(東京国立博物館学芸研究部調査研究課工芸室長)
―――――――――――――――
第4講:9月27日(日) 午後3時~4時15分
輸出漆器 東洋らしさを纏うもの
永島 明子氏(京都国立博物館学芸部教育室長)
―――――――――――――――

■定員:60名(先着順)
■受講料には入館料•テキスト代•消費税を含みます。
■受付方法:往復ハガキ・FAX・E-mailにて
 住所•氏名•年齢•電話番号・FAX番号(FAXで申込の方のみ)を記入し、下記までお申し込みください。
 ※賛助会•友の会会員の方は、各会員名をお書き添えください。
■受付締切:定員になり次第締切
■申込先:徳川美術館「秋期講座」係
 〒461-0023 名古屋市東区徳川町1017
 TEL<052>935-­6668・FAX<052>935-9444・Email:taiken@tokugawa.or.jp

「殿さまが好んだヨーロッパ」展の詳細はこちら

※都合により、日程・内容を変更することがあります。また、新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、講座が中止になる場合があります。