イベント

「殿さまとやきもの―尾張徳川家の名品―」展 関連企画 秋期講座

徳川美術館では、9月15日(日)から11月10日(日)まで、秋季特別展「殿さまとやきもの―尾張徳川家の名品―」を開催いたします。展覧会会期中、皆さまに展覧会をより深く鑑賞していただくために、秋期講座を開講いたします。ぜひ、ご参加ください。

時間
各日 午後1時30分~2時45分、午後3時~4時15分
場所
徳川美術館講堂
料金
4,900円 (入館料含む)
※賛助会•友の会・大学メンバーシップの会員は2,500円

第1講:9月21日(土) 午後1時30分~2時45分
日本伝来の中国青磁―出土品との比較と生産地―
森 達也氏(沖縄県立芸術大学 教授)
―――――――――――――――
第2講:9月21日(土) 午後3時~4時15分
尾張徳川家伝来の天目
小林 仁氏(大阪市立東洋陶磁美術館 学芸課長代理)
―――――――――――――――
第3講:9月22日(日) 午後1時30分~2時45分
徳川将軍家の器―朝鮮通信使がもたらした器と高麗茶碗
片山 まび氏(東京藝術大学 教授)
―――――――――――――――
第4講:9月22日(日) 午後3時~4時15分
〈阿蘭陀焼〉を考える―舶載ヨーロッパ陶器と倣国産陶磁器―
長久 智子(徳川美術館 学芸部マネージャー)
―――――――――――――――

■定員:120名
■受講料には入館料•テキスト代•消費税を含みます。
■受付方法:往復ハガキ・FAX・E-mailにて
 住所•氏名•年齢•電話番号・FAX番号(FAXで申込の方のみ)を記入し、下記までお申し込みください。
 ※賛助会•友の会会員の方は、各会員名をお書き添えください。
■受付締切:定員になり次第締切
■申込先:徳川美術館「秋期講座」係
 〒461-0023 名古屋市東区徳川町1017
 TEL<052>935-­6668・FAX<052>935-9444・Email:taiken@tokugawa.or.jp

「殿さまとやきもの」展の詳細はこちら