イベント

デジタル想定復元《大坂冬の陣図屛風》
公開記念シンポジウム
大坂冬の陣図屛風、これまでとこれから

「大坂冬の陣図屛風 模本」(東京国立博物館蔵)は、慶長19年(1614)に徳川幕府と豊臣家との間で行われた合戦、大坂冬の陣を描いた屛風です。ただし、この作品は模本であり、原本は伝わっておりません。
そこで、凸版印刷が中心となり、千田嘉博氏、東京藝術大学、徳川美術館の協力を得て、デジタル想定復元図を制作しました。
復元図が夏季特別展「合戦図」展で公開されるにあたり、復元を経て新たに見えてきた「大坂冬の陣図屛風」をお伝えすべく、シンポジウムを開催いたします。

時間
午後1時~4時30分
場所
徳川美術館 講堂
料金
600円(入館料別途要)

■パネリスト■
北川 央 氏(大阪城天守閣 館長)
千田 嘉博 氏(城郭考古学者)
平 諭一郎 氏(東京藝術大学 特任准教授)
薄田 大輔(徳川美術館 学芸員)
木下 悠(凸版印刷株式会社 文化事業推進本部)

■主催■
徳川美術館・凸版印刷株式会社

■定員■
180名
■申込締切■
7月7日(日)必着/応募多数の場合は抽選
■申込方法■
往復はがき・FAX・E-mailいずれかで、住所・氏名・電話番号・参加人数・会員の方は会員種別を記入の上、徳川美術館「大坂冬の陣図屛風シンポジウム係」まで。
FAX: 052-935-9444
E-mail: taiken@tokugawa.or.jp
■お問合せ先■
徳川美術館 〒461-0023 名古屋市東区徳川町1017 TEL: 052-935-6668