講演会・講座

令和4年度 徳川林政史研究所 古文書入門講座~江戸時代の古文書を読む~
《全6回講座》【満席につき受付を終了しました】

徳川美術館の姉妹研究機関の徳川林政史研究所(東京都豊島区)の研究員を講師に迎え、古文書読解の初心者を対象に、江戸時代の文化や政治・社会を学ぶ講座です。尾張徳川家および幕府関係の武家の記録文書や日記・随筆などを教材に、各講師が分かり易く解説します。令和4年度は「幕末動乱のはじまり」をテーマに開講します。魅力ある数々の史料の中から、時代相を探ります。

※原則として6回通しての受講をお薦めしますが、講座当日に空席がある場合のみ、1回800円(入館料別)で受講できます。

※1回のみの受講は、講座当日に空席がある場合のみ受け付けます。但し、事前予約は承っておりません。受講の可否は当日の空席状況によりますので、ご了解くださいますようお願い申し上げます。

※席と席との間隔を空けるため座席数を減らしております。ご理解のほどお願い申し上げます。

時間
午後1時30分~3時(開場:午後1時)
定員
60名(定員になり次第締切)
会場
徳川美術館 講堂
受講料
一般 12,800円(入館料を含む)
賛助会 4,000円(入館料別、賛助会会員証でご入館ください)
友の会・大学メンバーシップ 4,400円(入館料別、友の会(一般)会員証・学生証でご入館ください)

題目一覧

講演日 題目 講師
江戸城御城坊主日記に見る桜田門外の変 徳川林政史研究所 所長
深井雅海
古文書に見る安政期の地震災害 徳川林政史研究所 研究員
萱場真仁
黒船来航と変貌する天下の名園・戸山荘 徳川林政史研究所 特任研究員
白根孝胤
ペリー来航期の落首・世相 -徳川慶勝が聞いた庶民の“声” (1) 徳川林政史研究所 研究員
藤田英昭
徳川幕府外交印裏事情 ―印章製作から見える動乱のきざし 徳川林政史研究所 特任研究員
西 光三
ペリー来航期の落首・世相 -徳川慶勝が聞いた庶民の“声” (2) 徳川林政史研究所 研究員
藤田英昭

※都合により、日程・内容および講師が変更となる場合がございます。
※今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、講座が中止になる場合がございます。

郵送またはFAXでのお申込み

上記お問合せフォームのほか、往復はがきまたはFAXでもお申し込みいただけます。 下記の内容をご記入の上、お申し込みください。


  • 講座名・氏名・住所・年齢・電話番号・参加人数
  • FAX番号(FAXでお申込みの方はFAXで返信します)
  • 徳川美術館各会員の方は種別を明記してください(賛助会・友の会・大学メンバーシップは大学名)。

〒461-0023 名古屋市東区徳川町1017 徳川美術館 「講座」係
Tel: 052-935-6262 / Fax: 052-935-6261

友の会について

友の会(一般会員・年会費6,600円)には、講座受講料割引のほか、無料入館・行事案内など特典があります。 受講と同時に友の会へのご入会をお薦めします。

友の会の詳細を見る