金紙采配 鉄刀木柄

金紙采配 鉄刀木柄 きんがみさいはい たがやさんえ

戦場において軍隊の指揮者が所持し、軍勢を指揮する際に使用した道具である。本品は金箔を押した紙を束ねて房としている。徳川宗睦(尾張家9代)所用

【江戸時代 18世紀】