青磁菊花文三ツ足香炉

青磁菊花文三ツ足香炉 せいじきっかみつあしこうろ

筒形の香炉で、胴には貼花(ちょうか)と呼ばれる貼り付け技法によって菊の模様が施されており、底部には小さい脚が三足付けられている。本品にはさらに、透かし彫りで菊の折枝のあらわされた鍍金(めっき)の火屋(ほや)が伴っている。

【中国・元時代 14世紀】