螺鈿花鳥人物食籠

螺鈿花鳥人物食籠 らでんかちょうじんぶつじきろう

食籠とは、食べ物を入れるための大型の盒子(ごうす)である。室町時代以降、彫漆(ちょうしつ)や螺鈿などの食籠が中国から数多くもたらされ、唐物漆器として書院の座敷飾りに珍重された。本品は六角形の食籠で、蓋表(ふたおもて)および各面に設けられた窓の内に螺鈿によって人物や花鳥図を配し、地の部分には四菱(よつびし)入りの亀甲(きっこう)文が施される。

名品コレクション展示室にもどる

【中国・明時代 16-17世紀】