堆黒屈輪文盆

堆黒屈輪文盆 ついこくぐりもんぼん

軸盆とは、掛物や巻物を載せるための台である。本品は漆を何層も塗り重ねて最表層に黒色が表れるように彫り出す堆黒の技法で作られている。眼鏡の形のような曲線の連続を屈輪文と呼ぶ。

名品コレクション展示室にもどる

【中国・明時代 15-16世紀】