唐物達磨茶入

唐物達磨茶入 からものだつまちゃいれ

抹茶を入れる茶入の中でも、中国で作られ日本に渡った茶入は「唐物」茶入と呼ばれて尊ばれ、日本で作られた「和物(わもの)」の茶入に比べて格が高かった。大名家が書院で茶の湯を喫する際の基本的な作法であった台子(だいす)での点前(てまえ)は、台子を用いない点前よりも格が高く、茶入にも唐物が選ばれた。
達磨は数珠に通してある親玉のことで、その形に似て、算盤玉(そろばんだま)のように胴の中央が強く張った器形が呼称の由来となっている。

【中国・南宋~元時代 13-14世紀】