美術館について

徳川美術館の魅力

有形文化財に登録された建物

徳川美術館は建物の外観デザインを公募して昭和7年(1932)に着工、昭和10年春に完成し同年の秋に開館。 近代的設備を備えた画期的美術館としてヨーロッパの建築界にも紹介されました。

尾張徳川家の宝庫として唯一の存在

徳川美術館の収蔵品は大名家の宝庫・コレクションとして唯一のまとまった存在で、「大名道具とは何か?」「近世大名とは何か?」という問いに答えることのできる我が国唯一の美術館です。

年間を通して楽しめる展示

建物が登録有形文化財に指定されている企画展示室(第7・8・9展示室)では、年間を通してテーマを絞ったさまざまな企画展を催しています。

徳川美術館のあゆみ

徳川美術館のあゆみ

徳川美術館は、侯爵徳川義親の寄附により昭和6年(1931)に創立された公益財団法人徳川黎明会が運営する私立美術館で、昭和10年に開館しました。

尾張徳川家について

尾張徳川家について

すぐれた東洋古美術の多くは、古くから公家や武家、そして豪商などの邸に秘蔵されてきました。 江戸時代においてその頂点にあったのは、いうまでもなく徳川将軍家であり、徳川御三家でした。

館長メッセージ

館長メッセージ

徳川美術館は、尾張徳川家2代当主の徳川光友の隠居所であった大曽根別邸の跡地に昭和10年に開館した、日本の私立美術館の中では4番目に歴史のある美術館です。 また、旧大名家のコレクションをもとに旧大名家自らが設立した日本で最初の美術館であり、愛知県の登録博物館第1号でもあります。 創設者は私の曽祖父にあたる尾張徳川家19代当主徳川義親で、大正から昭和初期にかけて関東大震災や戦争などの影響で不安定な社会情勢が続く中、大名文化を後世に伝える文化財の散逸を防ぐために私財を寄附して財団を作り、徳川美術館を設立しました。

代表的な収蔵品

徳川美術館は、徳川家康の遺品を中心に、初代義直(家康九男)以下代々の遺愛品、いわゆる「大名道具」1万件余りを収める美術館です。
国宝「源氏物語絵巻」をはじめ、国宝9件、重要文化財59件など、当館ならではの種類の豊富さ、質の高さ、保存状態の良さを誇ります。

代表的な収蔵品

詳細を見る

会員制度・活動支援基金

徳川美術館では、美術館の維持と一層の充実・発展を図るため、活動支援基金を募集しております。
また展示の鑑賞・講座や研究発表の受講・ギャラリーコンサートなどを通じ美術・芸術の知識を養うことを目的に、様々な会員組織を運営しています。

賛助会

徳川美術館賛助会は、徳川美術館の維持と一層の充実・発展をはかり、あわせて展示・研究発表・講座・ギャラリーコンサートなどの活動を通じ、美術・芸術に関する会員の知識を養うことを目的とします。

詳細を見る

友の会

本会は、美術の鑑賞・研究等により会員相互の教養を高めるとともに、文化の向上をはかることを目的とします。

詳細を見る

ボランティア活動

「徳川美術館ボランティアの会」は昭和62年10月に、徳川美術館の新館開館と同時に発足した会です。 来館者のための無償の奉仕活動を通して美術館活動を促進し、同時に美術に対する理解と関心を深め、文化の向上をはかることを目的としています。 月に1~2回活動していただいてます。

詳細を見る

活動支援基金のご案内

公益財団法人徳川黎明会は、尾張徳川家第十九代当主の侯爵徳川義親によって昭和6年に設立された財団で、「徳川美術館」・「徳川林政史研究所」 を 運営し、尾張徳川家に歴代伝えられた重宝・諸道具・文書記録類の調査、研究、保存、公開を行なっています。

詳細を見る