平成27年1月4日(日)〜2月1日(日)
只今開催中
企画展示
年の初めのためしとて

 門松を立て、注連縄をかけ、お正月を迎える行事は、日本人の年中行事の中でも最も大切な営みでした。おせち料理や雑煮をいただくことは今の生活のなかでも脈々と受け継がれていますが、その意味合いは次第に薄れていく傾向にあります。若水汲み・鏡餅・書き初め・弾き初め・かるた取り・羽根突きなど、お正月にちなむ行事や遊びを通じて、日本人にとってのお正月を考えます。

企画展チラシ (PDF / 1,722KB) [更新日:12月26日]

展示作品リスト(PDF / 258KB) [更新日:12月26日]

2月7日(土)〜4月5日(日)
まもなく開催
特別展
尾張徳川家の雛まつり

尾張徳川家の姫君のためにあつらえられた雛人形や雛道具は御三家筆頭の名にふさわしい質の高さを誇っています。特に、一つ一つに家紋が入った雛道具は実際の婚礼調度のミニチュアで、その精緻な美しさには目を見張るばかりです。また、高さ約2メートル、幅7メートルにもおよぶ明治・大正・昭和の雛壇飾りは圧巻です。大名家ならではの、豪華で気品ある雛の世界を紹介します。

2月21日(土)〜3月1日(日)
特別公開
千利休 泪の茶杓

天正19年(1591)、切腹を命じられた利休が自ら削り、最期の茶会に用いた 茶杓。利休忌にあわせて特別公開します。

ご利用案内

開館時間

午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始

観覧所要時

約1時間

お問い合わせ052-935-6262

〒461-0023
名古屋市東区徳川町1017

  • 活動支援基金の御案内
  • ミュージアムショップのご案内
  • 車椅子・ベビーカー貸し出しします。
  • 学校向けプログラムのご案内
  • 徳川美術館Facebookページ
  • 蓬左文庫
  • 徳川園
  • よしなおくんからの手紙