特別展・企画展

徳川美術館・蓬左文庫開館80周年記念春季特別展 全点一挙公開 国宝 初音の調度-日本一の嫁入り道具-

千代姫は三代将軍家光の長女で、寛永16年(1639)、わずか数え年三歳で尾張徳川家二代光友にお嫁入りしました。
千代姫の婚礼調度は、調度の意匠が『源氏物語』の「初音」の帖に因んだ「初音の調度」が47件、同じく「胡蝶」の帖に因んだ「胡蝶の調度」が10件、さらに染織品・金工品を加えた総計70件が現存し、一括で国宝に指定されています。
開館80周年を記念し、全点を一挙に公開いたします。

主な展示品

概要

会期
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日<5月4日(月)・5日(火)・6日(水)は開館、7日は(木)は休館>
観覧料

一般 1,200円・高大生 700円・小中生 500円
※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※毎週土曜日は小・中・高生入館無料

主催 徳川美術館・朝日新聞社
協力 名古屋市交通局
展覧会図録 新版 徳川美術館蔵品抄⑤「初音調度」(2,200円(税込))
記念講演会

「国宝、初音の調度の魅力」
九州国立博物館 主任研究員 川畑憲子氏
4月11日(土)午後1時30分~3時
徳川美術館 講堂
※入館者聴講自由

関連企画

特別企画「親と子の甲冑教室」
5月5日(火・祝) 徳川美術館 講堂
※入館者見学自由
※5月5日は小中生入館無料

資料 企画展チラシ(PDF:748.7 KB)[更新日: 新しいウインドウで PDF を開きます