特別展・企画展

春季特別展 家康から義直へ
―尾張藩誕生物語―

 戦国の世を生き抜き、天下統一を果たした家康。そして家康の九男として誕生し、泰平の世に尾張国の統治を任された義直。二人は親子でありながらも対照的な生涯を送りました。家康から莫大な財産と蔵書を受け継いだ義直によって、尾張藩の基礎が固められ、名古屋は繁栄へと導かれていきます。本展覧会では、家康から義直へと受け継がれた治世方針に焦点をあてながら、二人の生涯や政治に対する姿勢、そして義直の家康への想いを、遺品や史料などを読み解きながらたどります。

概要

会期
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(ただし5/4は開館、5/7は休館)
観覧料

一般 1,400円・高大生 700円・小中生 500円
※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※毎週土曜日は小・中・高生入館無料

主催 徳川美術館・名古屋市蓬左文庫・中日新聞社・日本経済新聞社
協力 名古屋市交通局
展覧会図録 関連図録①「徳川家康―天下人の遺産―」(再版/2015年8月初版発行)1200円(税込)
関連図録②「尾張の殿様物語」(2007年4月発行)1450円(税込)
記念講演会

「尾張徳川家の成立と将軍家―家康の遺命と義直―」
中京大学教授・徳川林政史研究所特任研究員 白根孝胤氏
日時=令和2年5月9日(土)午後1時30分~3時(午後1時開場)
会場=徳川美術館講堂
※定員150名/入館者聴講自由(入館料別途要)

関連企画

土曜講座(1)
「徳川義直の著作」
徳川美術館学芸員 並木昌史
日時=令和2年4月18日(土)午後1時30分~3時(午後1時開場)
※有料

土曜講座(2)
「神となった家康、東照大権現の表象」
徳川美術館学芸員 薄田大輔
日時=令和2年5月16日(土)午後1時30分~3時(午後1時開場)
※有料

■担当学芸員の見どころガイド
日時=令和2年4月16日(木)・5月20日(水)各日午後1時~
会場=徳川美術館講堂
※入館者参加自由(入館料別途要)

資料 企画展チラシ(PDF:856.8 KB)[更新日: 新しいウインドウで PDF を開きます