特別展・企画展

特別展 尾張徳川家の雛まつり

 3月3日の桃の節供に、女の子の健やかな成長と幸せを願う華やかな雛まつりは、尾張徳川家でも大切な年中行事のひとつでした。江戸時代から伝来する雛飾りや、明治から昭和にいたる尾張徳川家三世代の当主夫人たちの、高さ2メートル・間口7メートルにおよぶ豪華な大雛段飾りが、展示室に所狭しと並ぶ様子は圧巻です。贅を尽くした尾張徳川家ゆかりの雛飾りをご覧いただきながら、うららかな春の訪れを感じていただければ幸いです。


尾張徳川家の雛まつり
展示資料ダウンロード

主な展示品

概要

会期
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日
観覧料

一般 1,400円・高大生 700円・小中生 500円
(蓬左文庫展示室「尾張の百科事典―御秘本『張州雑志』―」展と共通)
※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※毎週土曜日は小・中・高生入館無料
お得なオンラインチケット販売中

主催 徳川美術館・名古屋市蓬左文庫・中日新聞社
展覧会図録 『尾張徳川家の雛まつり』(2017年改訂)900円(税込)
▶徳川美術館オンラインショップからもご購入いただけます。
▶雛まつり関連グッズも、オンラインショップにて多数掲載中です。
関連企画

■YouTubeにて、担当学芸員が展覧会の見どころを動画でわかりやすく紹介します。
 【徳川美術館公式チャンネル】

■2005年に展示作業の様子を記録した映像です。今も毎年変わらず展示作業が行われています。
 尾張徳川家の雛まつり 展示風景

資料 企画展チラシ(PDF:4.1 MB)[更新日: 新しいウインドウで PDF を開きます
展示作品リスト(PDF:2.2 MB)[更新日: 新しいウインドウで PDF を開きます