特別展・企画展

秋季特別展 尾張姫君ものがたり

御三家筆頭の格式を誇る尾張徳川家では、徳川将軍家をはじめ徳川一門、公家や諸大名から歴代藩主の正室を迎えました。正室は尾張徳川家と実家との橋渡し役となり、独自の政治的役割を果たすとともに、文化や儀礼の面でも婚家を支えました。また、家の存続に不可欠な世継ぎを確保するため、正室以外の女性が世継ぎを産んだ例も少なくありません。なかには生母として正室に次ぐ地位や権力を得る者も登場しました。本展では、尾張徳川家を陰で支えた正室や側室・息女ゆかりの品々を展示し、大名家に生きた女性たちの実像に迫ります。

主な展示品

概要

会期
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(ただし9/20は開館、9/21は休館)
観覧料

一般 1,400円・高大生 700円・小中生 500円
※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※毎週土曜日は小・中・高生入館無料

主催 徳川美術館・名古屋市蓬左文庫・読売新聞社
協力 名古屋市交通局
展覧会図録 「尾張姫君ものがたり」1650円(税込)
▶徳川美術館オンラインショップからもご購入いただけます。
記念講演会

■秋季特別展記念講演会
「初代義直正室 春姫婚礼をめぐって」
東京学芸大学名誉教授 大石 学 氏
10月2日(土)午後1時30分~3時(午後1時開場)
会場:講堂/定員:60名(事前申込制/申込多数の場合は抽選)

【申込は締め切りました】

関連企画

■土曜講座
「尾張徳川家の女性たち-正室・側室・息女-」
徳川美術館学芸部部長代理  吉川美穂
9月25日(土)午後1時30分~3時(午後1時開場)
会場:講堂/定員:60名

※受講料など土曜講座の詳細はこちらをご覧ください。

資料 企画展チラシ(PDF:1.5 MB)[更新日: 新しいウインドウで PDF を開きます
展示作品リスト(PDF:943.5 KB)[更新日: 新しいウインドウで PDF を開きます