特別公開

特別公開
国宝 源氏物語絵巻
〈柏木 三・宿木 一〉

 徳川美術館の至宝であるばかりでなく、わが国の代表的な美術品である、国宝「源氏物語絵巻」は、王朝時代の人々の雅びやかな暮らしぶりを余すところなく伝えてくれる現存最古の物語絵巻です。毎年11月下旬には、この絵巻から数場面を選んで特別公開をしています。もともとは巻物として伝わり、昭和7年(1932)に保存のために額面装に改装されていました。近年、額面装による本紙への負荷を軽減するために再び巻物装に戻し、一場面ごとに絵と詞書を一巻の巻物に仕立て、絵巻本来の姿で鑑賞いただけるようになりました。
 今年は、柏木(三)と宿木(一)の二場面を特別公開いたします。

この企画展の見どころ

柏木(三)
 女三宮(おんなさんのみや)と亡き柏木の不義の子である薫の誕生五十日の祝い(いかのいわい)の席で、我が子ならぬわが子を抱き、若き日の藤壺中宮(ふじつぼのちゅうぐう)と犯した過ち、柏木の薄幸、女三宮の心痛、幼い薫の今後の運命を想い、源氏は心の葛藤に苦しむ。

宿木(一)
 秋の時雨のそぼ降る頃、帝は碁の相手に薫を召された。「今日は先ず、この花一枝許す」と、古歌に託して暗に女二宮(おんなにのみや)の降嫁をほのめかされる。この場面は、宮中・清凉殿の朝餉(あさがれい)の間を描いたと言われている。しつらえられた二階棚(にかいだな)や厨子(ずし)などの調度の文様が美しい。

詳しくは名品コレクション展示室のページをご覧ください。

概要

会期
記念講演会

■記念講座
「柏木の恋~猫が乱した運命の糸~」
小説家 奥山景布子氏
日時=2019年11月28日(木)午後1時半~3時(午後1時開場)
※入館者聴講自由(入館料別途要)定員150名

展覧会図録 【関連図録】「国宝 源氏物語絵巻」(2015)2300円(税込)
関連企画

■土曜講座
「王朝物語の絵画化」
徳川美術館前学芸部長 四辻秀紀
日時=2019年11月30日(土)午後1時30分~3時
※有料600円(入館料別途要)

連携企画

■コラボ展示
「工芸で読む源氏物語―花九つ凛と光りて―」
会期=2019年11月26日(火)~12月1日(日)
会場=徳川美術館 西ロビー
※根付・絞り染め・一刀彫・七宝・筆・型紙・組紐・和紙・漆。伝統工芸を受け継ぐ9人の女性職人グループ「凛九 Link」が、国宝「源氏物語絵巻」の特別公開にあわせ『源氏物語』に登場する女性をイメージした作品を展示発表します。