特別展・企画展

特別展 徳川将軍ゆかりの名刀

 尾張徳川家には徳川家康の遺品「駿府御分物」を含む家康所持の刀剣の他、歴代将軍から下賜された刀剣107振が遺されており、将軍家と尾張家との関係の深さを物語っています。伝来の経緯も、御成下賜、形見分け、男子誕生祝、元服祝、将軍の一字拝領(偏諱下賜)祝、家督相続祝、始礼祝、初参勤交代祝など多岐にわたり、御三家における刀剣を通じた武家儀礼の様相を知ることができます。本展では将軍家ゆかりの名刀を展示替え及び第1展示室での展示を含めて全点公開すると同時に、大名家にとっての刀剣授受の意義を探ります。

概要

会期
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(ただし4/29~5/6は休まず開館)
観覧料

一般 1,400円・高大生 700円・小中生 500円
(蓬左文庫「雅を伝える―宮廷と文化―」展と共通)

主催 徳川美術館・名古屋市蓬左文庫・中日新聞社・日本経済新聞社
協力 名古屋市交通局
展覧会図録 ■関連図録 『徳川美術館所蔵 刀剣・刀装具』 (2018)/2,500円(税込)
記念講演会

■記念講演会
「将軍と大名家との「刀剣贈答」」
徳川林政史研究所副所長 深井雅海氏
4月21日(日)午後1時30分~3時(午後1時開場)
※入館者聴講自由(入館料別途要)
※定員150名(事前の申し込みは不要です)

関連企画

■土曜講座
「徳川将軍と尾張徳川家」
学芸部部長代理 原 史彦
5月18日(土)午後1時30分~3時(午後1時開場)
※受講料600円(入館料別途要)

■ギャラリー・トーク
5月22日(水) 午後1時~
※入館者参加自由(入館料別途要)

■GW特別企画
5月1日(水・祝)~5日(日・祝)
《武将と刀 記念撮影コーナー》
兜や模造刀に触れたり、記念写真をお撮りになれます。
午前11時~午後3時
※入館者参加自由(入館料別途要)