名品コレクション展示室

第5展示室


大名の雅び
-奥道具-

奥道具の代表は、大名家に嫁いだ姫君たちが持参した婚礼調度(ちょうど)です。
婚礼の際は、身の回りで用いられる調度類一式が、統一された意匠(いしょう)のもとに用意されました。
その代表的な作品が、三代将軍家光(いえみつ)の愛娘で、尾張徳川家二代光友(みつとも)のもとへ嫁いだ
千代姫(ちよひめ)の国宝「初音(はつね)の調度」です。
奥道具にはその他、香道具や碁盤(ごばん)・将棋盤(しょうぎばん)などの遊戯具、観賞用のさまざまな絵画や書跡なども含まれています。