名品コレクション展示室

第5展示室


大名の雅び
-奥道具-

第5展示室では、大名やその夫人たちのプライベートな生活の場である「奥」で用いられた「奥道具」を展示しています。奥道具の代表は、大名家に嫁いだ姫君たちが持参した婚礼調度(ちょうど)です。婚礼の際は、身の回りで用いられる調度類一式が、統一された意匠(いしょう)のもとに用意されました。3代将軍家光(いえみつ)の愛娘で、尾張徳川家2代光友(みつとも)のもとへ嫁いだ千代姫(ちよひめ)の国宝「初音(はつね)の調度」は、わが国の蒔絵史上最高の作品とみなされるひときわ豪華な作品です。
ここでは、現在展示されていない作品も含め、テーマに沿ってご紹介します。